スポーツ紹介車椅子バスケットボール

スポーツ紹介

車椅子バスケットボール

どんなスポーツ?

ルールは一般のバスケットボールに準じており、得点の種類やコートの広さ、リングの高さなどは同じです。車椅子は日常使用のものではなく、高い敏捷性や回転性能をもった専用の車椅子を使用します。ボールを保持した状態で2回まで車椅子をこぐことが認められており(続けて3回こぐとトラベリング)、1回ドリブルすれば、またボールを保持したまま2回こぐことができるので、ダブルドリブルは適用されません。

選手の障害状況に応じて持ち点が定められ、各自1.0点から4.5点まで0.5点きざみでクラス分けされています。低い点数ほど障害が重く、コート上でプレーしている5人の持ち点の合計を14点以下にすることが必要です。

車椅子バスケットボールは、バスケットボールの技術に加え、車椅子をこぐスピードや高い操作性が求められるアグレッシブなスポーツであり、障害者だけでなく、健常者でも競技を楽しむ人が増えています。

ⓒJWBF/フォトサービス・ワン
ページトップへ戻る