特集2017年 スペシャルオリンピックス冬季世界大会・オーストリア

夏季世界大会・ロサンゼルス

スペシャルオリンピックスとは

 スペシャルオリンピックスとは、知的障害のある人たちに様々なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を、年間を通じ提供している国際的なスポーツ組織です。スペシャルオリンピックスは非営利活動で、運営はボランティアと善意の寄付によっておこなわれています。スペシャルオリンピックスでは、これらのスポーツ活動に参加する知的障害のある人たちをアスリートと呼んでいます。
(『スペシャルオリンピックス日本HP』より)

2017年スペシャルオリンピックス冬季世界大会・オーストリア

 2017年3月18日から3月25日までの8日間、スペシャルオリンピックス冬季世界大会がオーストリアで開催されました。この大会には107か国から約2,700名のアスリートが参加し、スペシャルオリンピックス日本からは、2016年2月に新潟県で開催の「2016年第6回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・新潟」において選考されたアスリート54名を含む日本選手団81名が参加し、世界中のアスリートと熱戦を繰り広げました。なお、この大会は3,000名以上のボランティアに支えられて開催されました。

競技 参加選手人数
アルペンスキー 13名
クロスカントリースキー 4名
フロアホッケー 16名
フィギュアスケート 4名
スノーボード 5名
ショートトラックスピードスケート 4名
スノーシューイング 8名
合計 54名

■スポーツプログラム(実施競技)について http://www.son.or.jp/activity/program.html

特徴

 スペシャルオリンピックスの競技会、大会では、可能な限り同程度の競技能力のアスリートが競い合えるように、性別、年齢、競技能力などによってグループ分け(ディビジョニング)を行います。

 また、順位だけでなく、最後まで競技をやり終えた事に対して、全てのアスリートが表彰台に立ち、それぞれの成果を称える全員表彰があります。

スペシャルオリンピックス活動の特徴について http://www.son.or.jp/about/feature.html

開会式にて日本選手団入場
フロアホッケーチーム
スノーボード

(写真提供:スペシャルオリンピックス日本)

最近のスペシャルオリンピックス世界大会

■冬季大会(競技:アルペンスキー、クロスカントリースキー、フィギュアスケート、フロアホッケー等)
開催年 大会名 開催国/開催都市 参加国/地域 日本選手団
2005年 第8回冬季世界大会 日本/長野県 84 150名
2009年 第9回冬季世界大会 アメリカ/アイダホ 95 87名
2013年 第10回冬季世界大会 韓国/平昌・江陵 111 84名
2017年 第11回冬季世界大会 オーストリア/グラーツ他 107 81名
■夏季大会(競技:水泳競技、陸上競技、体操競技、バドミントン、バスケットボール、ボッチャ等)
開催年 大会名 開催国/開催都市 参加国/地域 日本選手団
2007年 第12回夏季世界大会 中国/上海 164 120名
2011年 第13回夏季世界大会 ギリシャ/アテネ 170 75名
2015年 第14回夏季世界大会 アメリカ/ロサンゼルス 164 118名

(2019年  第15回夏季世界大会 アラブ首長国連邦/アブダビ 予定)