特集2015年 スペシャルオリンピックス夏季世界大会・ロサンゼルス

夏季世界大会・ロサンゼルス

スペシャルオリンピックスとは

 スペシャルオリンピックスは、知的障害のある人たちの自立や社会参加を目的として、年間を通じてオリンピック種目に準じたスポーツトレーニングと競技会を提供し、オリンピックと同様に4年毎に夏季・冬季の世界大会を開催しています。

夏季競技水泳競技・陸上競技・バドミントン等
冬季競技アルペンスキー・クロスカントリー・スノーボード・フィギュアスケート等

2015年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・ロサンゼルス

 2015年7月25日~8月2日にかけて、およそ177の国と地域より、約540,000名が参加予定され、実施競技は25競技で、日本選手団は11競技に参加します。

 昨年、全国大会「2014年第6回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・福岡」が開催され、出場した選手団約1500名の中から選考された日本選手団118名(アスリート77名、パートナー6名、コーチ35名)が参加します。

特徴

 スペシャルオリンピックスの競技会、大会ではオリジナルのルールがあり、可能な限り同程度の競技能力のアスリートが競い合えるように、性別、年齢、競技能力などによってグループ分け(ディビジョン)を行います。また、順位だけでなく、最後まで競技をやり終えた事に対して、全てのアスリートが表彰台に立ち、それぞれの成果を称える全員表彰があります。

開催情報

開催期間 2015年7月25日~8月2日
開会式 7月25日
閉会式 8月2日
開催国・都市 アメリカ合衆国 ロサンゼルス
参加者 177か国・地域より540,000名(予定)
アスリート 7,000名、コーチ・役員 3,000名、競技役員・ボランティア 30,000名、観客 500,000名

夏季大会種目と日本選手団参加人数 118名/11競技に参加

アスリート 77名 パートナー 6名 コーチ、役員 35名

競技種目 日本選手団参加人数 競技種目 日本選手団参加人数
水泳 10名 柔道
陸上競技 10名 カヤック
バドミントン 6名 オープンウオータースイミング
バスケットボール
(男子、女子、ユニファイドスポーツ®*)
38名 パワーリフティング
ビーチバレー ローラースケート
ボッチャ 体操競技 6名
ボウリング 6名 セーリング
自転車競技 卓球 4名
馬術 ハンドボール
サッカー 10名 テニス 6名
ゴルフ 3名 トライアスロン
バレーボール 15名 ソフトボール
ハーフマラソン

*ユニファイドスポーツ®は、知的障害のあるアスリートと、知的障害のないパートナーがチームを組みプレーする競技種目で、日本選手団はバスケットボール、ボウリング、ゴルフのユニファイドスポーツ®に参加します。

スペシャルオリンピックス世界大会一覧(過去10年)

2005年 第8回冬季世界大会 日本/長野県 参加:約84の国と地域 日本選手団150名
2007年 第12回夏季世界大会 中国/上海 参加:約164か国 日本選手団120名
2009年 第9回冬季世界大会 アメリカ/アイダホ 参加:95か国 日本選手団87名
2011年 第13回夏季世界大会 ギリシャ/アテネ 参加:170か国 日本選手団75名
2013年 第10回冬季世界大会 韓国/平昌・江陵 参加:111の国と地域 日本選手団84名
2015年 第14回夏季世界大会 アメリカ/ロサンゼルス 参加:177か国 日本選手団118名(予定)
2017年 第11回冬季世界大会 オーストリア/シュラートミング
(開催予定)
開会式
陸上競技
個人表彰
リレー表彰

※写真は2011年アテネ大会のものです。

「写真提供:スペシャルオリンピックス日本」