特集第22回夏季デフリンピック

特集第4弾 第22回夏季デフリンピック(ソフィアデフリンピック)

デフリンピックは、ろう者のオリンピックとして、夏季大会は1924年にフランスで、冬季大会は1949年にオーストリアで初めて開催された、歴史ある大会です。

障害当事者である、ろう者自身が運営する国際的なスポーツ大会であり、コミュニケーション全てが国際手話によって行われ、競技はスタートの音や審判の声による合図を視覚的に工夫する以外、オリンピックと同じルールで運営されます。

なお、国際パラリンピック委員会が1989年に発足した当初は、同委員会に国際ろう者スポーツ委員会も加盟しており、ろう者がパラリンピックに参加していましたが、デフリンピックの独自性を追求するため、1995年に国際パラリンピック委員会を脱退し、現在は、ろう者はパラリンピックには参加していません。


デフリンピックには1965年の第10回夏季大会(ワシントン)に、初めて7名の日本選手が参加し、2つのメダル(銀:1、銅:1)を獲得しました。その後、参加選手数も増え、前回、2007年の第21回夏季大会(台北)には154名の選手が参加し、20個のメダル(金:5、銀:6、銅:9)を獲得しています。


このデフリンピックの第22回夏季大会が、平成25年7月26日(金)から、10日間にわたりソフィア(ブルガリア)で開催されます。

今回の「特集」では、このソフィアデフリンピックについてご紹介します。

開催情報

開催期間 2013年7月26日(金)~8月4日(日)
開催国・都市 ブルガリア・ソフィア
運営主体 国際ろう者スポーツ委員会
ソフィア2013デフリンピック大会組織委員会
実施競技 陸上バドミントンバスケットボール、ボウリング、サイクリングサッカー、ハンドボール、柔道、空手、オリエンテーリング、射撃、水泳卓球、テコンドー、テニスバレーボールビーチバレーボール、レスリング

※アンダーラインの12競技は、日本選手が出場する予定の競技です。
ページトップへ戻る

出場選手のコメント

ソフィアデフリンピックに出場する東京都ゆかりの選手から、大会出場に向けてのコメントをいただきましたので、ご紹介します。

陸上の5000m、10000m日本ろう記録保持者の山中孝一郎さん、2012年トロント世界ろう者陸上競技選手権大会4x400mリレーで銅メダルを獲得した高田裕士さん、今回、日本選手団の最年長選手としてオリエンテーリング競技に出場する田村聡さん、2007年台北デフリンピックの卓球女子団体で銀メダル、シングルスで銅メダルを獲得し、また昨年東京で開催された2012世界ろう者卓球選手権大会で女子団体とダブルスで金メダル、シングルスで銀メダルを獲得した佐藤理穂さん、そして、バレーボール競技(女子)に、今回初出場する三浦早苗さんの5名です。

【陸上】マラソン/10000m、5000m
山中 孝一郎さん(東京都町田市)

マラソンは開幕前にドイツで行われます。前回の台北大会以来、練習を継続し、レースでも結果を残してきましたので、その経験を生かし自分のレースができればと思います。

その後ソフィアで行われる10000m、5000mは入賞を目標としています。世界の強豪とどこまで渡り合えるか非常に楽しみにしています。大会中は恐らくインターネットしか発信できないかもしれませんが、応援よろしくお願いいたします。

ページトップへ戻る
【陸上】400mハードル/4x400mリレー
高田 裕士さん(東京都港区)

日本男子短距離史上初のデフリンピック・メダリストを目標にしています。

デフリンピックのメダリストになって、日本におけるデフリンピック普及活動、そして次の世代の若い選手や子どもたちが、世界に挑戦できる環境の土台作りに携わっていければと考えています。また、身体や聴覚に障害があっても夢を持ち、一生懸命努力すれば、その夢が実現できるということを私自身の経験を通して、日本国民、東京都民の皆様に伝えていくことができれば幸いです。応援よろしくお願い致します。

2012トロント世界ろう者陸上競技選手権大会4×400mリレー
左から高田裕士さん、水野史生さん、岡部祐介さん、北田明広さん
※4名ともソフィアデフリンピックに出場します

ページトップへ戻る
【オリエンテーリング】
田村 聡さん(東京都立川市)

オリエンテーリング競技は森の中で地図とコンパスを頼りにポイントをまわり、タイムを競うスポーツです。

地図を見て地形や特徴物をすばやくとらえ、ルートチョイスしながら速く駆け回る頭脳プレーのある奥深いスポーツでもあります。みなさんに少しでもオリエンテーリングという競技を知って頂き、ろう者の仲間がふえればいいなと思っています。

あと1か月と迫った今、足首の捻挫が不安要素のひとつになっていますが、本番では今まで以上に力を発揮出来るようにしていきたいです。そして今まで以上によい結果を出したいです。

今回の日本代表選手の中では最年長者ですが、若い選手たちに負けないよう頑張ります。

ページトップへ戻る
【卓球】
佐藤 理穂さん(東京都杉並区)

こんにちは!卓球競技の佐藤理穂です。ソフィアデフリンピックで2度目の出場ですが、今回は私達日本が追い詰められる立場になります。それでも、去年の世界大会に続いて、一つでも多く金メダルを獲得し、東京都民の皆様や日本中の皆様に感動を与えられるよう頑張りたいと思いますので、応援の方どうぞ宜しくお願いいたします。

ページトップへ戻る
【バレーボール女子】
三浦 早苗さん(東京都杉並区)

今年で27歳になりますが、デフリンピック初出場という機会をいただきました。

デフリンピックに出場できるのも、家族や友人、仲間、スタッフ達の支えあってのことだと思っています。また、東京都民のみなさんからもたくさん励ましのお言葉をいただきました。

感謝の気持ちを持って、今まで積み重ねてきたものを全て出し切れるように、チーム一丸となって金メダルを獲って帰国したいと思います。応援よろしくお願いします!

ページトップへ戻る
第22回夏季デフリンピック競技大会ソフィア2013 メダル獲得者一覧
は東京にゆかりのある選手(在住・在勤)
競技名 金メダル 銀メダル 銅メダル
陸上競技 2
ハンマー投げ
森本真敏
棒高跳び
佐藤麻梨乃
3
マラソン
山中孝一郎
棒高跳び
竹花康太郎
女子100mハードル
田井小百合
水泳 1
50m背泳ぎ
金持義和
5
50m背泳ぎ
茨隆太郎
200m個人メドレー
茨隆太郎
400m個人メドレー
茨隆太郎
100m背泳ぎ
金持義和
200m背泳ぎ
金持義和
2
100m背泳ぎ
茨隆太郎
200m背泳ぎ
茨隆太郎
卓球 1
女子シングルス
上田萌
1
女子ダブルス
上田萌
女子ダブルス
佐藤理穂
1
女子団体戦
上田萌
女子団体戦
佐藤理穂
女子団体戦
有馬千寿子
女子団体戦
川﨑瑞恵
自転車 1
マウンテンバイク女子
早瀨久美
バレーボール 1
女子
柳川奈美子
女子
菅谷美穂
女子
宇賀耶早紀
女子
安積梨絵
女子
安積千夏
女子
河尻奈美
女子
長澤みゆき
女子
高良美樹
女子
藤井美緒
女子
藤裕子
女子
三浦早苗
女子
山﨑望
柔道 1
個人60kg
吉良暁生
2
オープン戦(無差別)
山田光穂
個人100kg
山田光穂
合計 2 10 9

大会の詳細については、下記サイトをご覧ください。


第22回夏季デフリンピック競技大会 ソフィア2013 http://www.jfd.or.jp/sc/sofia2013/

デフリンピック啓発ウェブサイト http://www.jfd.or.jp/deaflympics/index.php

全日本ろうあ連盟スポーツ委員会facebook https://www.facebook.com/jfdsc

ページトップへ戻る