特集IBSA ブラインドサッカーアジア選手権 2015

ブラインドサッカーとは

 視覚障がい者らが行う5人制サッカーです。また、視覚障がい者と健常者が同じフィールドでプレーすることのできるユニバーサルスポーツでもあります。4人のフィールドプレーヤーは視力の差を公平にするためにアイマスクを着用します。ゴールキーパーおよびガイド、監督は晴眼者や弱視者が務めます。ピッチはフットサルとほぼ同じですが、両サイドライン上に1mほどの高さのフェンスが設置され、転がると音が出る特殊なボールを使ってプレーします。
「音」と「声」のコミュニケーションが非常に重要なスポーツ。 ブライドサッカー説明

アジア選手権

 アジア選手権は2005年から2年に一度開催される大会です。毎大会、パラリンピックや世界選手権の予選に位置づけられることが多い、重要な選手権となります。

 2015年9月2日(水)〜7日(月)に行われる今大会は、2016年リオデジャネイロ・パラリンピック出場権をかけた最後の大会です。パラリンピックには8カ国が出場できますが、アジアからは2枠のみです。

 ロンドン・パラリンピックの出場権をかけた2011年の大会では、グループリーグの最終試合で、日本はイランに引き分けに持ち込めれば、初のパラリンピック出場となりましたが、結果は残り15分からの2失点で敗戦。その後、日本代表は2014年にアジアで初めて開催された世界選手権(東京大会)において、12か国中、過去最高の第6位の成績を収め、今度こそパラリンピック初出場を目指して、今回のアジア選手権に期待が高まっています。


順位
2005年
ベトナム大会
2007年
韓国大会
2009年
日本大会
2011年
日本大会
2013年
中国大会
1位 日本 中国 中国 中国 中国
2位 韓国 韓国 日本 イラン 日本
3位 ベトナム イラン 韓国 日本 韓国
4位 日本 イラン 韓国
5位 マレーシア

開催情報

開催期
2015年9月2日(水)〜9月7日(月)
会   場 国立代々木競技場フットサルコート(東京都渋谷区神南2丁目1-1)
出 場 国 日本、中国、韓国、イラン、マレーシア、インド
内   容 プレータイム25分ハーフで、総当たりのリーグ戦を行い、順位に応じ5位決定戦、3位決定戦、決勝戦を行う。
競技クラス B1(全盲)クラス
主   催 日本ブラインドサッカー協会

試合結果

 日本は予選リーグで3位となり、この時点でリオ・パラリンピックへの出場はかないませんでした。

 3位決定戦では韓国との対決でPK戦の末敗れ、最終成績は4位になりました。

日本
Japan
中国
China
イラン
I.R.Iran
韓国
Korea Rep.
インド
India
マレーシア
Malaysia
勝点
won
得失点差
goal differnce
総得点
total score
予選順位
ranking
日本
Japan
● 0―1 △ 0―0 ◯ 2―0 ◯ 5―0 ◯ 2―0 10 8 9 3
中国
China
◯ 1―0 △ 0―0 ◯ 1―0 ◯ 5―0 ◯ 2―0 13 9 9 1
イラン
I.R.Iran
△ 0―0 △ 0―0 ◯ 4―0 ◯ 10―0 ◯ 5―0 11 19 19 2
韓国
Korea Rep.
● 0―2 ● 0―1 ● 0―4 ◯ 6―0 ◯ 1―0 6 0 7 4
インド
India
● 0―5 ● 0―5 ● 0―10 ● 0―6 ● 0―1 0 ―27 0 6
マレーシア
Malaysia
● 0―2 ● 0―2 ● 0―5 ● 0―1 ◯ 1―0 3 ―9 1 5
トーナメント結果
試合風景1
試合風景2
試合風景3
試合風景4

(写真)IBSA ブラインドサッカー世界選手権 2014より

ⓒ日本ブラインドサッカー協会